http://exwarp.com
お問い合わせ先
info@exwarp.com
ホーム
製品情報ページへ
ショッピングカートへ
ライブラリ価格表ページへ
メンバー登録ページへ
特定商取引法に基づく表記
テクニカルブログへ

RFC822ライブラリ
MIMEライブラリ
メールメッセージライブラリ
MIMEメディアタイプ変換ライブラリ
POP3メール受信ライブラリ
SMTPメール送信ライブラリ

ログイン

現在の状態:

ログインしていません。

メールアドレスを入力してください
パスワードを入力してください.
メンバー登録はこちらから

更新履歴

2013/4/7

最近ExwarpMailKitをご購入いただいたお客様のご感想を掲載しました。 詳細は、導入事例をご覧下さい。

2009/3/2

Exwarp MailKit 1.0.438.* をリリースしました。
今回のリリースより、SmtpExtensionおよびEmojiModuleを同梱した新パッケージとなり、価格は¥25,000-と改定いたしました。
携帯デコメールや、大量メール送信の時間短縮などの魅力的な機能が標準で使えるパッケージとなっております。微細な仕様変更・バグ修正も行っており、より安定したメール送信を実現いたしました。
すでに製品版をお買い上げいただいたお客様は無料で新パッケージに移行していただけます。
購入時のURLとID/PASSでmailkit.zipをダウンロードしてください。

2008/10/4

ExwarpMailKit1.0.421.*公開のお知らせ
ExwarpMailKitがバージョンアップしました。
新しい機能として、バイナリデータ(2バイト限定)の挿入に対応しました。
同時にリリースされた絵文字拡張モジュールを使用するためにはこのバージョンへのバージョンアップが必要です。


メールメッセージを構成する主なクラスの継承イメージ

Exwarpでメールメッセージを構成する主なクラスは、 そのほとんどがRFCEntityの派生クラスです。 RFCEntityにはBodyプロパティが定義されており、 エンティティボディの文字列表現をこのプロパティから取得できます。このクラスから RFCMessageRFCDateTimeなどのエンティティクラスが派生します。

名前付きのエンティティを表すRFCNamedEntityRFCEntityから 派生します。このクラスにはエンティティに付けられた名前を取得するNameプロパティが定義されています。 このクラスからRFCHeaderFieldRFCHeaderFieldParameter またRFCMailBoxなどのエンティティクラスが派生します。

RFCで規定されている幾つかのヘッダーは、ヘッダーフィールドボディに加えて、 パラメータも指定することができます。RFCStructuredHeaderFieldは、 ヘッダーフィールドパラメータの管理機能をサポートします。

RFCMessageのようにクラス名が"RFC"で始まるクラスは非ASCII文字をサポートしていません。 そのため、MIMEMessageのようにクラス名が"MIME"で始まるクラスが、これらのクラスを継承し、 非ASCII文字のMIMEエンコーディング機能をサポートします。

上記の概説をイメージにすると下図のようになります。

クラスの継承イメージ
無料ダウンロード
最新バージョン:1.0.508.*
MailKit紹介ページ
APIダウンロード
セットアップガイド
導入事例・利用者の声
メールメッセージ構成オブジェクト概説
メールメッセージ階層構造の概説
Q&A
バグ報告

本サイトで公開されるライブラリには著作権があります。
VB.NET/C#/ASP.NETでメール送信・受信ならExwarp MailKit
©exWarp 2006-2013   All Rights Reserved.